スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニコーンのライブに行ってきました!

2009年08月15日 19:55

サッカーとは全く関係無い話ですが、あまりにも感動したんで書いときます。




8/14(金)

相方が深夜バスに乗って田舎に帰省するとのことで
それまでの間、新宿で映画でも見ようということになりました。

本当はみうらじゅん先生原作でくるりの岸田繁もでてる「色即じぇねれいしょん」が見たかったんですが
公開は15日の土曜からということで無理でした…。

相方が「サマーウォーズ」が見たいというのでとりあえず新宿の金券ショップで
1300円くらいのチケット買う為に色々回りました。

しかしどこにいっても売れ切ればかりで購入できず・・・。

そんなこんなで金券ショップのウィンドウを眺めていると
ありえねぇブツを発見。


J-WAVEライブ2009  8/14
出演者:コウダクミ、Boa、~Rip Slyme、ユニコーン



・・・


え、


ユニ


ユニコーン!!


ま、マジかよ!

ユニコーンは二人とも大好きである。

ライブのチケットは絶対入手不可能だと思って諦めてたのに

こ、こんなところに!  と、当日のチケットが!!

代々木体育館のアリーナ席で
値段も1人8400円のところを2枚で15000円で値下がりしてる!!!

これは、とんでもないチャンスだ!


だが、ひとつ懸念事項があった

相方が深夜バスに乗る為、遅くても19:30には出なければならない

それまでにユニコーンのライブがあるかどうか・・・。

開演は15:30からだったので

7組中5組くらいまでは見ることができる


携帯で順番等を色々検索してみるが結局順番はわからず
チケットをよく見てみると
「※各日共、出演順は当日のお楽しみです!」と書いているではないか・・・orz


散々悩んだあげく、一か八か行ってみることに!


代々木体育館に着くとユニコーンのグッズショップに長蛇の列が!

100メートル以上あったかもしれない。

Tシャツとか欲しかったが諦めることに…。


ちなみに他のアーティストの物販はガラガラでした。


会場に入ってみても30~40代の人(ユニコーンファン)が圧倒的多数な気がした。


そして3時半になりライブがスタートする






①なんとかプール


中途半端なビジュアル系みたいな歌い方やパフォーマンスで
気持ち悪い&しょーもない若造バンドだったのでずっと座って項垂れてました。


オジサンには爽やか過ぎて理解不能でした。

ブラッディ●●ディの主題歌の曲って鬼塚ち●ろの曲パクってんじゃねぇか!

メインギターの変な髪型の人がG大阪の遠藤君にそっくりでした。



②BoA


今はアメリカで活動してるらしいBoA、
大人になって痩せて美人になったんだが
昔、紅茶のCMに出てた時の様な可愛らしさが無くなってました、残念。

マイケル・ジャクソンの追悼という意味をこめてムーン・ウォークをやってました。



③JUJU


最近、よくCMとかでよく耳にする女性ソロシンガー

5曲中4曲はどっかで聞いたことある曲で、
歌もうまくて良い感じで聴かせてくれました。


ただ、着ている衣装が・・・

歌舞伎町あたりの風俗嬢にしか見えませんでした・・・w



④スキマスイッチ


実は9年前の2000年に
赤坂Blitz、ぴあ、日音の3社が共同で始めたBlitz-Pia Recordsのオーディションで
YatusのバンドとTBSの赤坂のスタジオで競ってた人達

あの時、オーディションを受けたアーティストの中で唯一成功し
生き残っているバンドかもしれない。

だからといって彼等のファンでは無いので
知ってる曲はテレビでタイアップされてた2曲くらいしかありませんでした。





4組が終わったところで30分の休憩となる

相方が見れる時間は後1組のみ

なんか流れ的に大トリはユニコーンで決まりっぽい

相方は凄く悔しがっていたが

せめてリップくらいは見たい!と意気込む

最後の3組はリップ→倖田來未 →ユニコーンの順でくるだろうと予想!


そして30分の休憩後、運命の時がくる








⑤倖田來未



残念!


相方は結局ユニコーンもリップも見れず田舎に帰ることに!w


しょうがねぇ、俺が二人分見といてやる!


ということでコウダのライブ終了後、相方は新宿のバス乗り場へ戻ることに…。


あ、コウダのライブの感想は特にありませんが

五反田の風俗嬢の様な衣装を着てました。

コウダの妹がアホなカッコしてゲストとして出演してました。




⑥Rip Slyme


やっと好きなアーティストの番がやってきた!

リップのライブは初めてでしたが素直に歌えて踊れる良い曲ばかりでした。

JOINTやら楽園ベイベーやら踊り狂いました。




⑦ユニコーン



そしてやってきました


僕らの青春


僕らの憧れ


ユニコーン!


ステージに5人が入ってきた時には


妙な緊張感と期待感が会場に溢れ異様な雰囲気になってました。


そして、以下のセットリストでライブが進みました


1.ひまわり
2. 服部
3・ おっさんマーチ
4・ 自転車泥棒
5. WAO!
6.ヒゲとボイン
7. 大迷惑
8. HELLO
---アンコール---
9.すばらしい日々



2曲目で服部のイントロが流れた時には

なんかもう脳みそのアドレナリンがでまくりでヤバかった。

我を忘れて踊りまくりました。


5曲目で再結成後初のシングルとなるWAO!が流れ

サビでは代々木体育館のほとんどの人が歌ってたんじゃないかと思うくらい大合唱でした!


そしてヒゲとボインの美しいサビで懐かしさとか昔の事とか色々思い出されて

マジ泣きそうでした・・・w


大迷惑では会場がワッサワッサ揺れてえらい事になってました。

この曲も最初から最後まで歌いまくって声が枯れそうでしたw


そして新曲のHELLOが流れ、一旦終了


そしてアンコールとなるんだが、普通は結構ひっぱるはずなのに

あっさり3分くらいで出てくるw


民生が「初出演なのにアンコールなんかやっちゃってすいません」とコメントw


そしてお決まりの素晴らしい日々をやって締める


個人的には雪が降る町をやって欲しかったが夏だからしょうがないかw



ユニコーンは9曲、50分強のライブでしたが十分満足できる内容でした。



やっぱ、心や体に染み付いてる曲ってのは


いくつになってもすぐに反応し熱くなれるってことを実感しました。


音楽に対するモチベーションも結構上がりました。


9月に2年振りくらいに都内でライブやるので良い刺激になりました。




スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。